脳梗塞の治療を行ないましょう|スムーズに病を改善

消化器官の病気を治す

お年寄り

伊丹市には20件の消化器内科と14件の胃腸科があります。いずれも胃や腸を含めた消化器官の病気を扱いますが、消化器官と言っても病気が発生する部位は胃や腸ばかりではありません。肝臓や膵臓なども含め、大きな病院の消化器内科ではさまざまな臓器の病気に対する最先端の治療を行っています。

詳しく見る

非常に稀な脳腫瘍

レディー

聴神経の周りを取り囲むシュワン細胞から発生する良性腫瘍を聴神経腫瘍と言います。通常、腫瘍は時間をかけて徐々に大きくなり、脳や神経を圧迫していきます。それによって片方の耳の難聴などが現れます。生活習慣の乱れによって発生する確率が高くなると言われています。

詳しく見る

病気の治療に役立つ

カウンセリング

プライマリーセルとは初代培養細胞のことで、医薬品の開発や特定の疾患の原因を探るために活用することが出来ます。大きな病院でプライマリーセルを扱うことが出来るところがあるため、治療の一つとして役立っています。

詳しく見る

発症後知ろう

女の人

発症後の薬を知ろう

脳梗塞が発症し治療が開始される場合、様々な薬が使用されます。脳梗塞は血栓が脳の血管に詰まったり、脳血管の中のアテロームが破れて出血することで発症します。そのため治療では、この脳血管を詰まらせている血栓を溶かす必要があります。これは血栓溶解療法という方法で行います。また血栓によって脳がダメージを受けますが、そのままにしておくと脳細胞は一度壊れてしまうと再生しませんので問題です。そのため脳を保護する脳保護薬を使用します。このように脳梗塞の治療は、発症した後も様々な薬物を使用することで、予後を少しでも改善しようと試みます。特に重要なのが血栓溶解療法で、発症してから4.5時間以内といった条件のもとで使用される薬です。この時間以内であれば、非常に効果のある治療方法で脳梗塞の予後を改善します。

リハビリのポイントは何か

脳梗塞が発症し、治療が開始されると、初めは医師より安静の指示が出てベッドの上で臥床することになります。その間に、脳の浮腫みをとる治療をしたり、血栓を作らせない薬を内服したりと様々な治療が行われます。状態が安定してくると、はじめは頭部を拳上することから始めて、徐々に体を動かしていきます。脳梗塞による麻痺がある場合は、早期のリハビリが予後を決めますので、医師と相談しながらリハビリを進めることが重要です。この際に注意が必要なこととして、リハビリを自分の判断で増やさないことです。脳梗塞が起こっている以上、ふらつきや下肢筋力の低下など、転倒の可能性が非常に高い中でリハビリを行っている事実を忘れないようにすることが重要です。